勤労者財産形成事業本部のトップページへ移動します

独立行政法人 勤労者退職金共済機構勤労者財産形成事業本部

よくある質問:財形貯蓄制度

財形持家転貸制度について

財形持家転貸融資のお申し込みについて

去に「財形持家転貸融資」を受け、現在返済中ですが、新たに住宅リフォームのための融資を申し込むことができますか

申し込みいただけます。なお、その場合の申込額の上限は、融資限度額(4,000万円以内、財形貯蓄残高の10倍以内、所要額の原則90%以内、担保評価額※以内)を超えない範囲となります。
※返済中の「財形持家転貸融資」の借入残高等を勘案した額

アンケートにご協力下さい。



このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)