勤労者財産形成事業本部のトップページへ移動します

独立行政法人 勤労者退職金共済機構勤労者財産形成事業本部

よくある質問:財形貯蓄制度

財形持家転貸制度について

借り入れ申し込み手続きと手続き書類等について

形貯蓄の期間と残高の確認は、どのように行いますか

形貯蓄の期間と残高の確認は、財形貯蓄の取扱金融機関から定期的に送付される「財形残高通知書」または「財形貯蓄残高証明書」(それぞれ発行日から7カ月有効)で行います。「財形貯蓄残高証明書」は、従業員が財形貯蓄を行っている取扱金融機関に依頼して発行されるもので、財形貯蓄開始年月日、財形貯蓄期間、財形貯蓄残高が明記されています。財形貯蓄期間と残高の要件を満たしていることを確認の上、借り入れ申し込みの際にご提出ください。なお、融資決定後、財形貯蓄を払い出して住宅取得資金に充てることもできます。

アンケートにご協力下さい。



このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)