勤労者財産形成事業本部のトップページへ移動します

独立行政法人 勤労者退職金共済機構勤労者財産形成事業本部

よくある質問:財形貯蓄制度

財形持家転貸制度について

財形持家転貸融資の貸し付け条件について

5年間固定金利制とは、どういうことでしょうか

5年間固定金利制は、融資利率が借入日から5年経過ごとに見直される制度です。融資資金の借入日から当初5年間の利率は、借入申込受理日の利率が、資金を受領した日から5年間適用されます。当初の5年経過日後の利率については、借入日から5年を経過するごとに見直され、各5年経過日(5年、10年、15年、20年、25年、30年をそれぞれ経過する日)が属する月の2カ月前の1日現在における新規融資利率が適用されます。
なお、新規融資利率は、毎年1月・4月・7月・10月に改定されます(ただし、金融情勢が変動した場合は、改定月以外でも変わることがあります)。
財形持家転貸融資の最新融資利率

アンケートにご協力下さい。



このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)