勤労者財産形成事業本部のトップページへ移動します

独立行政法人 勤労者退職金共済機構勤労者財産形成事業本部

よくある質問:財形貯蓄制度

財形貯蓄制度について

財形年金貯蓄について

年延長(65歳までの継続雇用・再雇用など)の場合、年金積立てを延長することはできますか

年延長により積立てを継続するには、制度上以下のことができれば可能です。

  • 退職前(積立期間中)に、財形貯蓄契約で定めた積立期間の変更(延長)ができること。
  • 入または払込は、事業主の賃金控除(給与天引き)・払込代行によること。

なお、以上の条件で出来る場合の留意点として、積立延長により既に申告している非課税最高限度額を超えてしまわないか、事前に取扱金融機関等へご確認してください。

アンケートにご協力下さい。



このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)