• 財形トップ
  • 財形制度とライフマネー:ライフプランをもとに、未来を見通す

財形のすすめA【住宅融資編】財形持家融資の魅力は低金利や
申し込み時に金利が確定する安心感 ファイナンシャルプランナー(CFP) FP技能士1級 畠中  雅子(はたなか まさこ)

1%を切る低金利で借りられ特例措置が適用されるケースも多い

財形貯蓄をしているメリットとして、財形持家融資が利用できることが挙げられます。財形持家融資は財形貯蓄残高の10倍、最高4000万円までの借り入れができる制度です。「一般財形貯蓄しかしてこなかったから、財形持家融資が受けられなくて残念」という声を聴く機会がありますが、財形貯蓄残高は、一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の3つの残高を合計できます。一般財形貯蓄しかしていない方でも、財形持家融資は受けられるわけです。
 財形持家融資は5年ごとに金利が見直される5年固定金利型の住宅ローンで、ここ数年1%を切るような低い金利になっています。我が家が財形持家融資を申し込んだときは、1%台前半という、当時としては過去最低金利を更新したタイミングでしたが、何年か前にあっさりと過去最低金利を塗り替え、その後もかなり低い金利のままで推移しています。
また財形持家融資の場合、18歳以下のお子さん(妊娠中でもOK)がいるか、常時雇用者数300人以下の会社で働いている場合は、返済当初の5年間は、金利を0.2%引き下げてくれる特例措置も利用できます。もともと低い金利が、さらに0.2%引き下げになるわけです。

申し込み時に金利が確定すると物件の完成を安心して待てる

財形持家融資が低金利であることをご紹介しましたが、もうひとつ、財形持家融資の特徴でもある「申し込み時に金利が確定する住宅ローン」という点も知っておきたいところです。マンション、特に大型分譲物件では、住宅ローンの申し込みをしてから実際に住宅ローンが実行されるまで1年以上かかるのは珍しい話ではありません。銀行などの住宅ローンは、早い時点で申し込みをしても、実際の金利が確定するのは住宅ローンが実行されるとき。その間、「金利が上がるかもしれない不安」を抱えながら、待たなければならない可能性もあるわけです。
これが財形持家融資であれば、申し込んだ時点で金利が確定しますので、安心して、引き渡しを待てるでしょう。ちなみに財形持家融資の金利は、1,4,7,10月の年に4回、改定にされます。申し込んだ月の金利で、実際の融資が実行されます。
 これも個人的な体験談ですが、我が家では注文住宅を建てている途中で、工務店側にトラブルが発生し、工事が数カ月中断してしまいました。当初の予定よりも、半年くらい余計に時間がかかってしまったのです。トラブルによって工事期間が思わぬ長期化し、さらに当時は金利が上向きだったのですが、財形持家融資の申し込みをしていたことで、金利変動を気にせず、完成まで待つことができました。

リフォーム単独無担保融資では日本最安の低金利

最後に、すでにマイホームを取得している方にお伝えしたい情報があります。財形持家融資はマイホームの取得だけではなく、リフォームにも利用できるということです。そしてリフォーム融資に適用される金利は、持家融資と同金利というのが、驚きでもあるはずです。さらには一定額までであれば、無担保でリフォーム融資が受けられます。
 中古住宅を取得するケースであれば、住宅ローンのほうで担保設定をするため、リフォーム融資は無担保で借りられるケースもあります。ですが、リフォームだけの融資で担保設定をせずに済み、さらには1%を切るような低金利で借りられるリフォーム融資はまずないでしょう。
 マイホームの取得が終わり、財形住宅貯蓄を払い出すとそのまま財形貯蓄をやめてしまう方もいますが、やめずに継続するのがおすすめ。マイホームを取得したご家庭では、将来、リフォームの必要性が出できますし、その際、財形持家融資のリフォーム融資が利用できれば、低金利で資金調達ができるからです。
 財形制度のある会社に勤めているのに、まだ財形制度を利用していない方は、ぜひ財形制度の担当課に足を運び、資料を手に入れることからはじめてみてはいかがでしょうか。

 
プロフィール紹介
畠中 雅子(はたなか まさこ)
ファイナンシャルプランナー(CFP)
FP技能士1級

週に3本の新聞連載のほか、雑誌やウエブ上でも多数の連載を持つ。セミナー講師、講演、相談業務などもおこなうほか、教育資金アドバイスをおこなう「子どもにかけるお金を考える会」、高齢者施設への住替え資金アドバイスをおこなう「高齢期のお金を考える会」、働けないお子さんのいるご家庭向けに生活設計アドバイスをおこなう「働けない子どものお金を考える会」を主宰する。「貯金1000万円以下でも老後は暮らせる!」(すばる舎)など、著書は60冊を超える。プライベートでは、二男一女の母。

 
ページトップへ